先日、ミクシィ主催の「git challenge #9」が開催されました。 本来は20新卒以下向けのイベントですが、19新卒としてこっそり参加してきたので、その記録です。

git challengeとは

git challengeとは、gitの使い方を出題される問題を解いていく形で学ぶことができる学生エンジニア向けのイベントです。 問題を解くとその問題の難易度に応じたポイントを得ることができ、当日は2人ずつのチームに別れ、最終的な獲得ポイントで競い合います。

意気揚々と参加した

20新卒の皆さんはランダムにチーム分けがされていて、(おそらく)初対面の方同士でチームが組まれている中で、19新卒は自分ともう1人でチームを組み、参加しました。 そのような状況だったのもあり、20新卒の皆さんが楽しみながらgitの使い方を学んでいる中に潜り込み、マジになって優勝をかっさらう気満々で参加しました。

「まあ優勝でしょ笑」

こんな話をしたのを覚えています。

競技前にミクシィでのgitの使われ方の紹介がありました
競技前にミクシィでのgitの使われ方の紹介がありました
競技開始前にお昼ご飯。このときはまだご飯が美味しく感じた
競技開始前にお昼ご飯。このときはまだご飯が美味しく感じた

結果は….

惨敗でした。

見るも無残でした。 点数的には1位の2/3程度、チームの順位も全体の半分ほどでした。

競技終了間際、gitについていろいろと教えてくださった先輩方、アルバイトをさせていただいているチームの皆様、いろんな方々の顔が浮かんでは消えていきました。

「今までアルバイト楽しかったなぁ….」

お世話になった方々の顔に泥を塗ってしまったのです。 楽しかったアルバイトももう見せる顔がありません。 本当に楽しい半年間でした。 お世話になりました。

…..

….

..

.

なんだかんだ普通に楽しかったし、めっちゃ勉強になった

っと、なるぐらいの恥ずかしい結果だったわけですが、皆様の優しさに触れ、無事現在もアルバイトは続けられています笑

散々な結果だったわけですが、今思い返すとめちゃくちゃ楽しかったです! 今まで技術力をぶつけて何かを競い合うみたいな経験がなかったこともあり、とっても貴重な体験でした。 自分の技術力を相対的に測ることができ、また頭を使った分が直接得点になるので、いい意味で自分の足りなさを再確認できたと思います。

また、やはりgit challengeというべきですが、めっちゃgitの勉強になりました。 競技時間中には、自分の知らなかったコマンドについて調べて実行し、競技後には社員の方の問題解説によって、全然自分が至らなかったgitの使い方を知ることができました。

「あー、今までgitの1割も使えてなかったんだなー」って感じでした笑

他にも、git challengeの後からコンフリクトを怖がらなくなりました。 今までコンフリクトはぼんやりと理解して「めんどくさい」もので、解消の方法もそんなに多くは知りませんでした(こんなんで余裕で優勝とかふざけんなって感じですね)。 ですが今ではコンフリクトがどうして起こって、起こったときには内部でこうなっているからこうするみたいなのがまあまあわかってきたように思います。 これは非常に大きな収穫でした。

配布されていたOctocatのステッカー。かわいい。
配布されていたOctocatのステッカー。かわいい。

最後に

git challengeの運営の皆様、ご多忙の中、準備いただき本当にありがとうございました。

また、様々なことをご指導ご鞭撻いただきました先輩方、アルバイト先のチームの皆様、不甲斐ない結果で終わってしまい大変申し訳ございませんでした。 精進致します故、ご容赦いただければ幸いです。

また機会があればぜひともリベンジしたいところですが、一度参加したら問題がわかってしまうため、参加できないのが非常に悔しいです。 まだgit challengeに参加したことがない方は、今年度中もあと何回か開催されるようなので、「gitとかよゆー笑」な方も、「ゆるふわで使ってて自信ない…」な方も、どんな方でも楽しめると思いますので、ぜひ参加してみてください!